死ぬまでウルトラマラソン走りたい!

今年サブスリー達成したい!20代女子ランナーのラン日記。ウルトラマラソンで上位に入るのが夢です。

ウルトラマラソンを走っていたら、フルマラソンが遅くなる!?

f:id:myaco-run:20190222161624j:plain
にーはお、ウルトラマラソンが一番好きなみゃこです。

メジャーで賑やかな大会が多いフルマラソンよりも、

走る距離が短くて済むハーフマラソンよりも、

私はっっ!ウルトラマラソン(100km)が好きなんです!!

 

www.myaco-run.tokyo


目指すは、100km日本代表選手・・・!!!

あぁ、日の丸を背負って走りたい・・!



「でもなんで、100kmなんやろう?」と自問。

出た答えは幾つかありました。 

その① ”初めて出たマラソン大会”だったから。

いわゆる初恋ですなぁ〜。
フルマラソンすら走ったことないのに、卒業記念でなんとなく出ようと思った100km。
それはもう、衝撃的でした。感動と苦しさと限界と大自然とを全神経で感じた・・
あの見事にハマってしまいましたね。

翌年東京マラソンに出るも、やっぱり忘れられないあのじわじわ来る100kmの苦しさ。
汗と涙で出来た甘酸っぱい思い出はやっぱり特別。
ちなみに初恋の感情は全く思い出せません。笑

その②”若い≠記録が出るスポーツ”だから

f:id:myaco-run:20190220142510j:plain

だってさ!トップで活躍している選手にこんなにも40,50代が多いなんて!
しかも元実業団という訳でもなかったり、お子さんがいるママだったり!

短い距離って高校生とかめちゃんこ速いですよね。
どんどん歳を重ねると、仕事したりもあって早々記録は伸びないし
オリンピックで活躍する選手も若いです。
フルマラソンは30代が多く見られますが、
やっぱり30半ばになるとここがラストチャンスとか言われがち。

それに比べて若い人が一向に勝てない(そもそも人口が少ないのもある)。
自分の母親と同じ世代の人と思うと、本当にかっこいい。
やっぱり人生経験値が違うからなのでしょうか。
「100km走るくらい、出産に比べたら屁でもないわ〜。」そんな感じなのかな。
私の将来の、憧れと希望でもあります。


・・ここで本題に戻ります。
「ウルトラやってたら、フルのタイムだせなくなるよ」
「サブスリー出したいなら、ウルトラやめといたほうが良い」
そんな事を言われたここ最近。

確かに、フルとウルトラでは練習も、ペースも走り方すら違う。
だけど、ウルトラやめるなんて嫌だーーー!!!
だけど、サブスリーは出したいーーーーー!!!

「ウルトラメインにしたいから、フルはやめるべき?」

そんな事を思いながら、2019年1月に初めて出場した、大阪国際女子マラソン。
そこにはウルトラトップ選手もたくさんいて、私のテンションはアゲアゲ!!

結果を見ると、当然のようにサブスリー。
「まぁそうだよね。7時間で100km走っちゃうもんね。みんな、当然のようにサブスリー切ってるんだよね。うんうん。」

・・そうか、サブスリー切ってるから、ウルトラマラソンも速いのか。

2018年のサロマの結果を調べた。
やっぱり見事に入賞してる人は皆サブスリー。

私の中で何か腑に落ちた! 
ãããªã¼ç´ æ éããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

上位陣は、フルが走れる(速い)からウルトラが強いんだと。

勿論、ウルトラマラソンとフルマラソンの練習は違うけれど、
ウルトラの持久力はフルの後半で使える。
そしてフルで力を付ければ、ウルトラのペースでも楽に走れる。

 

どっちかだけを極めるのも素敵だけれど、こっちの練習があっちに繋がる。
そう思うので、私はこれからも両方全力で頑張りたいと思います!

ウルトラで上位に入るためにも、やっぱりサブスリー出したい。
当面の目標はサブスリー。そのバックにはウルトラで上位タイムを出す目標を添えて!


【ウルトラマラソンで愛用中のアイテム】


カツサプ パウダータイプ 6袋入 1袋 カツオパワーの画期的な運動補助食品 トレイルランニング 補給食、行動食、エネルギー補給

 

カツサプ カツサプ粒タイプ 1包(3粒入) カツオパワーの画期的な運動補助食品 トレイルランニング 補給食、行動食、エネルギー補給

価格:1,069円
(2019/2/20 14:45時点)