死ぬまでウルトラマラソン走りたい!

今年サブスリー達成したい!20代女子ランナーのラン日記。ウルトラマラソンで上位に入るのが夢です。

【攻略方法】ウルトラマラソン完走への道!~練習・準備・心構え編~

f:id:myaco-run:20190222111834j:plain

【攻略方法】ウルトラマラソン完走への道!~練習・準備・心構え編~

こんにちは!みゃこです!
6月24日に、第33回サロマ湖100kmウルトラマラソンに参加してきました!
今回で5回目になる100kmのウルトラマラソン、自己ベスト9時間34分28秒で
初のサブ10を達成しました!
5回出てみてた私なりのウルトラマラソンの攻略方法を紹介したいと思います!

(私がいつもやっている方法です!ご参考になれば!)

 

 

【練習】
40kmのロング走は必ず入れます。
この練習は2ヶ月前から月一回のペースでやっています。50km位走れたら尚良しです!
しかし一人で50kmは中々精神的にも続けられるか・・って所はあるので、仲間と走れたら最高なのになぁ。と思いつつ私はいつも一人で走ってます(笑)
この時、ペースは自由設定!途中で止まったり、休憩もアリです。その時何キロ走った時点で足のここが痛い。など気にできたら尚良しですね〜!
その他の練習は、いつも通り行います。
私は気持ちいつもよりペースをゆっくりめにして長い距離走ります。
大会1週間前から、10kmをMaxに、大会3日前で練習はストップします。

練習時間も重要!
ウルトラマラソンはAM5時〜と早朝から始まります。その後10時間以上走る事になるので、本番と同じ状態で走ってみるコトが大事です。
サロマ湖の場合、ほとんどの人が会場まで車移動だったので、1時に起きて車で移動して・・と身体がまだ起きたてで走る事になります。
当日に近い状態で走ることに慣れておいたほうが良いでしょう!

 

下半身強化の筋力トレーニングを取り入れる!
長時間同じ動きをし続けるので、もちろん足への負担は大きいです。
なのでテーピングやサポーターをしてる人も多いのですが、やっぱり自分の身体が土台。足で走ってた私は、後半足が重たくて腰がガチガチでした。
通常の「スクワット」に加えて「シングルレッグスクワット」あとは「体幹」をお風呂上がりなどに1分×4回やっていたりしました。
体幹以外は、大会1週間前までを目処に2,3日に一回行っています。

 

 

【持ち物準備】

ウルトラマラソンに勝てる(=完走できる)かどうか・・・
持ち物の準備も怠れないですよ〜
私がウルトラマラソンで必ず持っていくアイテム一覧です!
持っていく理由付き!笑

  • ワセリン 
    マ〜ジで擦れます。股、脇、胸、至る所が擦れるので、走る前に身体にワセリン盛りします。
  • 筋肉痛緩和クリーム 
    着替えエイドとレース後に塗ります。
  • 補給ジェル 
    これは一番大事!笑 エイドには豊富な補給食が用意されていますが、やっぱり自分で持っておくのは大事です。走るためのジェルのパワー侮るべからず。
  • 日焼け止めクリーム
    ウルトラは4〜7月にかけてあるので、焼けます。着替えエイドでも塗り直します
  • 塩飴、塩分補給タブレット
    ポケットに忍ばせておけば安心です
  • シューズの替え
    雨のレースなどでは着替えエイドでは着替えます
  • アームカバー
    暑いか寒いかわからないレースでは必須!日焼け予防にも。
    この間のサロマのために、これを購入しましたー!
  • ウエストポーチ
    リュックよりウエストポーチ派です!リュック色々はいるけど、取り出しにくいw
    私は、「フィリップベルト」を愛用してます!本当に揺れなくてイイ!!
    Sサイズ(若干大きい)とSSサイズの2つ持っています。サイズはひとつ小さめを選ぶと吉!大きいと中身落ちるようです・・。
    FlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチ FBB ブラック M

    FlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチ FBB ブラック M

     
  • マイコップ、マイボトル
    最近は、マイコップ持参推奨してますね!エコです!
  • テーピング

<あれば尚良しなもの>

  • レインポンチョ
  • 制汗スプレー、汗拭きシート
  • サンダル
    あると、レース後の足が爽快です!!
  • ジップロック
    スマホや、コースマップを入れておきます。汗でびちょびちょなるので・・

 

【心構え】

これが一番大事かも!!!
絶対完走する!この気持ちと自分が完走するイメージが大事だと思っています。
そのために、コースの下見ができれば一番。できなかったら動画やGoogleMapでコースを辿って脳内イメトレ。これはレース中でも言えることで、まだ60km...と沈む時も、無事ゴールを迎えるカッコイイ自分を想像して、モチベーションを保ちましょう!

未知の距離にドキドキすると思いますが、意外と走り切れちゃう100km。
一番出場してるのが多い年代が40,50代で、上位に入ってるのも40代がダントツ。
・・・なんて面白い競技!
ウルトラマラソンの魅力についても次回以降、いっぱい語ります!笑
ではまた!!

【次回予告:ウルトラマラソン完走への道!〜レース編〜】